MENU

クリアネイルショットはマニキュアを付けていると

クリアネイルショットはマニキュアを付けていても効果ある?

クリアネイルショットはマニキュアを付けていても、にごり爪に効果があるのでしょうか?

 

 

残念ですが、マニキュアを付けていては本来の効果を実感することはできません。

 

 

爪にマニキュアを付けていた状態では、にごり爪専用に作られたクリアネイルショットであっても、長年の悩みのタネが潜んでいる爪の奥深くにまで浸透しにくくなってしまいます。

 

 

ですので、今にごり爪になっていて、マニキュアで隠しているのであれば、クリアネイルショットを塗る時は剥がしてから使うようにしましょう。

 

 

少し手間に感じてしまうかも知れないですが、にごり爪を治していくためにはやむを得ない事です。

 

 

ただし、飲み薬を使ったにごり爪対策であれば、マニキュアを付けた状態でも治すことは可能な場合があります。


マニキュアを付けていても飲み薬であれば治せる場合もある。

クリアネイルショットはマニキュアを付けていても効果ある?

にごり爪を治していくためのアイテムとしてはクリアネイルショットのようににごり爪の患部に付けて治していく方法、それに医薬品としての塗り薬を付けて治していく方法、それと飲み薬で治していく方法の3つの方法があります。

 

マニキュアを付けたままで治していこうとなると、爪に塗り薬を付けることも難しくなってくるので、残された飲み薬での対応になります。

 

にごり爪用の飲み薬としては、イトラコナゾールやテルビナフィンと呼ばれるものがあります。

 

 

これらの飲み薬は、医師の処方が必要な薬になるので、皮膚科にいって診断してもらう必要があります。

 

 

ただ、皮膚科に行き、飲み薬でにごり爪を治していきたいといっても、お医者さんの判断でその要望を受けいれられるかどうかは分かりません。

 

 

飲み薬だけでにごり爪を治していく事ができる、というのはあくまでも可能性の話なんですね。

 

 

それと最後にすごく大事な注意点があります。