MENU

クリアネイルショットでグリーンネイルは

クリアネイルショットはグリーンネイルにも効果を実感する事ができるのでしょうか?

 

ここではグリーンネイルの原因と対策の解説をしたあとに、クリアネイルショットで対策が可能かどうかを解説していきたいと思います。

 

 

クリアネイルショットはグリーンネイル対策にも効果があるか?
出典:つなごう医療 中日メディカルサイト | グリーンネイル ご注意

グリーンネイルの症状

グリーンネイルの症状としては、爪がだんだんと緑色に変色してきます。ですが爪水虫のように爪が浸食される事によって、ボロボロになるよう状態にはならないようです。

 

もし、爪がボロボロになってきたら、それは爪水虫が原因である可能性の方が高いと言えます。

 

また、グリーンネイルと爪水虫の合併症である可能性もありますね。


グリーンネイルの原因

グリーンネイルは緑膿菌と呼ばれる菌によって発症します。

 

緑膿菌は本来誰の爪にもある菌です。普段は特に悪さをする事のない常在菌です。

 

ですが、ジェルネイルやスカルプチュアなどによって、爪が空気に触れにくく、湿気の多い状態になり、緑膿菌が繁殖しやすい環境なると通常よりも緑膿菌が繁殖してしまいます。

 

緑膿菌が通常よりも繁殖する際に、ピオベル人ジン・ピオシアニンなどの緑色の色素を作り出す事によって、爪の色が緑色になります。

 

つまり、爪が緑色になるのは、緑膿菌が通常よりもたくさん繁殖してしまい、その繁殖の際に作り出される色素によって爪は緑色になってしまうんですね。


グリーンネイルの対策

グリーンネイルの対策としては、まずは緑膿菌が繁殖してしまった爪の環境を改善する必要があります。

 

爪を空気に触れるようにし、湿気で蒸れた状態から解放してあげる事が必要です。

 

もし、今グリーンネイルで困っていて、ジェルネイルやスカルプチュアをしている状態であれば、まずはジェルネイルやスカルプチュアを外しましょう。

 

付けたままでは緑膿菌がさらに繁殖して、ますます爪の緑色は広がってしまいますから。

 

それと、皮膚科に一度診察してもらう事。

 

爪が緑色になるのはほぼグリーンネイルと言っても良いですが、万が一他の病気だったという可能性もありますからね。

クリアネイルショットができる事

クリアネイルショットは爪水虫の原因菌である白癬菌を殺菌する効果はありますが、グリーンネイルの原因である緑膿菌の繁殖を抑えるために作られたものではありません。

 

ですが、殺菌成分として竹酢液などが入っていることを考えると、ある程度はグリーンネイルに対しても効果が期待できるかも知れないですが、必ず効果があるとは思わない方が良いですよ。

 

他のサイトでは効果があるという話がよくでてきていますが、当サイトとしてはまずは皮膚科に相談することを強くおすすめします。